名古屋市社会人1部Bブロック第6節

6節
9月13日(日)
13:30 kickoff
会場 知多運動公園ふれあいグラウンド

対戦相手 CLUB CRECER de SONHO
前半1-2
後半4-2
合計5-4

今日の対戦相手は、去年7人で挑み大敗を喫したチーム。リベンジを果たし、リーグ後半戦に向けて良いスタートを切れるか注目の一戦。

試合開始後は尼田と桂を中心に、中盤で保持したボールを左右に展開し、クロスを入れるもなかなかシュートまでいけない状況が続く。
守備面では相手のロングボールに対しCB光田が体を張ったDFで相手の攻撃の芽を摘むと、ついに待望の先制点。
右MF渡部のクロスに反応した左MF杉村が合わせ先制点が決まる。イレブンの祝福に応え、ベンチに座るアモーレに誓いのキスを捧げる。

その後もサイドから再三攻めるも追加点が決まらない。徐々に相手にボールを握られる時間が増え、セットプレーから同点弾を決められる。
チームの立て直しを図るも、前半終了間際にまたもやセットプレーから失点。前半を1-2で終える。

後半、尼田に替え、石飛をCBに。
丸尾が1つ前に出て攻撃を活性化。
すると桂が裏に絶妙なスルーパス。
反応した中西がステップで相手を交わし、同点弾。
その後流れは完全にソラポに。
正面から左右から自在に攻撃を仕掛ける。
里中のループシュートを始め、本日2発目となる杉村のカットインからの右足シュート、こちらも本日2発目となる里中が冷静にGKを交わしシュート。
5-2とし、ソラポの勝利を確信し、ベンチメンバーの全員交代を達成したが、徐々に相手の流れに。

セットプレーの混戦から失点すると、サイドからのクロスを合わせられ、またもや失点。
相手コートでの時間を長くしたいところだが
相手の勢いは止まらず、攻撃を仕掛けてくる。
途中出場した山田(誠)を中心に体を張ったシュートブロックを続け、ここでホイッスル。終わってみれば5-2が5-4に。ヒヤヒヤの展開を全員で掴み取った勝利。

3点差をつけても安心できないことを心に留め
2週間後の次節に向けてモチベーション高く練習に励みましょう。
蒸し暑い中、お疲れ様でした。

試合報
レポート担当:尼田大祐

関連記事

PAGE TOP