名古屋市社会人1部Bブロック第3節

名古屋市社会人1部Bブロック
第3節
日時:5月12日(日) 10時KO
場所:豊田通商 藤岡グランド
対戦相手:豊田通商

最高の季節、最高のロケーション、最高の雰囲気で臨む第3節。
元号が令和になって、初めての公式戦。
本日の試合も勝利をおさめ、開幕三連勝を勝ち取りたい。

相手は、同じく開幕無敗の豊田通商さん。
(※外国のプロリーグに所属していた選手の情報もあり?)簡単にはいかない展開が予想された。

試合前、山田(誠)キャプテンから、チームの約束事が伝えられる。意識統一、方向性の再確認。チームが纏まる瞬間である。

ソラポは得意の4-4-2でスタート。
ゲーム序盤は、一進一退。相手もさすが無敗のチーム。高い献身性でソラポに襲いかかる。どちらも譲らない見応えのある展開。

そんななか、前半20分過ぎ、一瞬のスキをつかれ、先制点を与えてしまう。

ここ最近のソラポの傾向でいうと、どうしても先制点を取られた後のゲーム展開に課題を残していた印象であったが、今年のソラポはひと味もふた味も違う。

先制点を取られた後もチームは慌てず、小気味良いカウンター、連動性のあるサイドアタックを駆使し、徐々に相手ゴールへの距離を縮めていく。

そして、後半5分、待望の同点ゴールがうまれる。

相手の守備陣を翻弄し、FWの坂が倒されて得たPK。キャプテン山田(誠)がしっかり決めて試合を振り出しに戻す。

勢いに乗ったソラポは、ボランチ光田のフィードからFW里中が抜け出し相手GKをかわして、逆転ゴールを叩き込む。待望のエースの一発にチームが沸く。

その後も、襲い来る相手を小林を中心としたDF陣が身体を張りゴールを守る。GK冨田もゴールマウスに鍵をかけ、後半は相手の攻撃をシャットアウトする。

途中交代で入った溝渕、長嶺、東、加藤もチームの為にハードワークし、ソラポ勝利のリレーを繋いでいく。

相手の猛攻撃もあり、最後の最後まで、わからない試合展開であったが、チーム全員で協力しあい、勝利のホイッスルを聞くことができた。

・前半0-1
・合計2-1
・得点:山田(誠)、里中

最高の季節、最高のロケーション、最高の雰囲気に、「最高の試合」が加わった一日になった。

次節は、四連勝をかけてRCN PROJECTさんとの闘い。チーム全員で闘う、ソラポスピリットで勝利を掴みとりたい。

ご声援ありがとうございました。

関連記事

PAGE TOP