名古屋市社会人1部Bブロック開幕戦

名古屋市社会人1部Bブロック開幕戦

・日時:2019年3月31日
・場所:ブラザー刈谷グラウンド
・相手:三菱名古屋

2019年シーズン開幕戦、今節は今まで中心となっていたソラポ立上げメンバーがほぼ抜け、新たなチーム体制での大事な一戦。チームの今後を左右するくらい重要な試合だ。

相手は運動量豊富で真面目なプレーをしてくる三菱、今までのソラポにとっては苦手なタイプでもあるが、
山田新キャプテンを中心にアップの段階からチームのコンセプト、攻守の戦術、決まりごと、意思統一を叩き込み試合に臨んだ。

前半スタートからサイドからの攻撃、守備の連動をすることにより完全に試合を支配していた。
開始10分、左サイドを駆け上がる百々のセンタリングがそのままゴールネットを揺らし先制点。
ここからが凄かった。
右サイドでは渡部、森コンビの崩し、左サイドでは百々の運動量、中には山田、里中の点取り屋。右、左、真ん中と色んなバリエーションからの攻めで相手を翻弄した。
この勢いで光田が左足を振り抜き追加点。
更には今回のコンセプトである守備の連動から百々がインターセプトしフリーの榊原が丁寧にゴールへ流し込んだ。
最後は百々からのクロスを尻が重くなってしまい、本調子になっていない里中がダイレクトボレーを決め相手の息の根を止めた。
守備では安定したラインコントロールでほぼ攻められたという場面はなかった。新加入の丸尾も献身的に前のめりなプレーでチームに貢献してくれた。

後半はメンバーを少しずつ入れ替え、スタート。
体力的な問題もありラインがなかなか上げれずボール支配率は落とすものの交代枠を全て使い、新加入選手含めた全員がピッチに立ち同じ意識の基試合をできたのは大きな収穫となった。
終了間際にコーナーキックから失点されたことは、得失点差などに効いてくることもあるので、次節からは気をつけていきたい。

今回の初戦で課題も分かりチームとしての意思統一の確認もできた最高の初戦だったと思う。
桜の開花が新ソラポの開花を後押しするかの様な最高の形でスタートを切ることができた。

結果:4-1
前半 4-0
後半 0-1
得点者:百々、光田、榊原、里中

ご声援有難うございました。

関連記事

PAGE TOP