2018 名古屋市リーグ 第11節 結果報告!!

名古屋市社会人サッカー1部リーグ第11節結果報告。
日時:9月9日(日)
場所:知多運動公園ふれあいグランド
対戦相手:桜パッシオーネ
結果3-1(前半2-1)

雨でぬかるんでデコボコなピッチ。相手チームが9人しか集まらず試合開始のホイッスルは吹かれた。
どことなくチームのみんなに楽勝ムードが漂う中、ソラポは試合の入り5分間を特に真面目に闘うことを意識し試合に臨んだ。
だが、アンラッキーなミスから先制点を相手に許してしまう。
キャプテンの片岡から厳しい檄が飛ぶも、相手はこの1点を守り抜こうとゴール前を手厚く守備に徹しなかなか点を奪うことができない。
そんな中、両サイドの百々、渡部、森らが果敢な仕掛けからサイドをえぐりクロスを入れる。
何度かそんなシーンが続く中、先制点は右サイドを完全にえぐりきった渡部のクロスを百々が合わせ1点を返す。
これで息を吹き返したソラポは渡部のCKを山田(誠)がコンパクトに足を合わせ追加点を奪う。
相手チームもこれで万事休すかと諦めるところであるが真面目に闘い球際やゴール前の最後のところを厳しくくるリスペクトできるチームであり、なかなかソラポも流れを掴むことに窮す。
そしてそのまま前半終了。
ハーフタイムにソラポとして今一度真面目に闘うことや細部のゲームプランを確認し後半開始。
後半開始早々、前半と変わらず相手チームは9人が守備の意識が高く、守り慣れもあるのかソラポは攻撃の糸口を見出せず決定機をことごとく逃す苦しい展開が続く。
そんななか相手チームのロングカウンター1発でピンチを迎えるが山田(慎)のビッグセーブで難を逃れる。
そして、この試合の一番のポイントを迎えた。
それは服部の名古屋市1部リーグでの初ゴールだ。
「服部に初ゴールを」を合言葉に、チームは後半から出場の服部に決定的なパスを供給するもことごとくゴールを決めることが出来ない。
そんな服部に山田(誠)は痺れを切らしたのか、服部の身体に当てて決めてやらんとばかりに速いクロスを送る。
松田からのポジショニングのアドバイスもありゴール前に待ち構えるその服部めがけ相手をすり抜けボールはゴール角度から離れた服部の頭目掛けて飛んでいく。それを綺麗に頭で捉えゴール角度に頭を振りゴールネットに突き刺し、サッカー初心者の服部の初ゴールは生まれた。
その後の決定的な相手FKのピンチを、またしても山田(慎)のビッグセーブで相手チームに流れを渡すことなく試合を終えた。
余談ではあるが、サッカー初心者の服部は年齢と共に薄くなっていく頭皮を気にしてか頭を坊主に丸め気合満点で試合に臨むも出場早々に右足首を捻挫してしまう。だが、交代を要求することもなくピッチに立ち続けチャンスをものにした。
点を決めた瞬間からはオフサイドに対する不満のジェスチャーをし始めるくらい人を変えてしまう。これだからフットボールそしてゴールは面白い。
我々ソイスラポジャはそんな初心者の方とも一緒にフットボールの楽しさを伝えたいと思いチームを設立し運営しています。
それが少し形になったのだはないか。
応援ありがとうございました。

関連記事

PAGE TOP